Yuko

看護師。仕事と育児の両立を成し遂げ、医療の現場で休む間もなく働いてきたが、自身の体調不良から、人生にはゆとりと安らぎが必要だと痛感。人生を楽しく幸せに過ごすための手だてを見つけて伝えていきたいと願う。
抗加齢医学会認定指導士、認定ONP、ケトジェニックダイエットアドバイザー、サプリメントアドバイザー、腸美人コンシェルジュ・プロhttp://www.antiaging-fukuoka.com/

記事一覧(8)

意識する  ~心と体にやさしい健康を~《腸を元気にしよう》

「私たちのからだは食べたものからできている」という言葉をよく耳にしますが…
正確に言うと「私たちの体は消化されたものからできている」のだと…

先日、九州で日本腸美人コンシェルジェ協会主催の「腸のことを深く学ぶセミナー」が
開催されました。その時の講師、吉富信長さんのセミナーはこのフレーズから始まりました。                                私は、これまでに栄養療法(サプリメントや点滴などを使って)、糖質制限などの方法で自分の体がどのように変わっていくのか、また困っている症状が改善していくのか試みたことがあります。

ここでいう栄養療法とは分子整合栄養医学に基づいた栄養療法でオーソモレキュラー療法のことです。
血液検査の結果を通常の臓器別疾患が有るか無いかを調べるのではなく、栄養素の過不足を判断し栄養状態を本来あるべき正常な状態に整える医学です。
栄養素を用いることで細胞の機能を強化することを目標としており体をつくる細胞が最適な状態で働くように、十分(最適)な栄養素を取り入れる療法です。
病気の予防や、健康維持、症状改善の為です。

体をつくる細胞や核、ミトコンドリアの機能や栄養素の働きを知り、栄養素が消化、吸収されてどのように体のなかでつかわれているのか。
細胞の働きを理解することから始まります。

細胞に必要な栄養素を十分にとって細胞が最適な状態で働くためには、日頃の食事から十分な栄養素をとる必要がありますが、足らない栄養素はサプリメントや点滴などをしたりすることで高濃度の栄養を入れたりします。
それは最適な濃度には個人差があります。必要な栄養素の量は個人差が大きいのです。

そのようなことを学んだ私は、自身の血液検査や毛髪ミネラル検査(有害ミネラルの過剰蓄積や必須ミネラルの過不足を評価します。バランスの乱れは不調の原因になります)などをもとに分析し、クリニックの院長指導の元、サプリメント補充やビタミン点滴、オゾン療法、ケトジェニックダイエット(糖質制限)、クリニックで行っている検査と治療法は色々と試みました。

必要なこと ~幸せになるために~

今までの私の人生ちょっとだけ残念な人生でした。小さい頃はとても元気だったのに、成長し感受性高い年頃になるにつれ、段々と生きていくのに辛くなっていく。早く年老いて、この世の中が終わってしまわないかな、なんて思った時期がありました。良かれと思ってやっても空回り。何をやっても上手くいかず、なんて不幸な人生なのだろうと、いつも幸せになりたいと心の中で思っていた。なぜあの人たちは幸せなの?いいなぁ、いいなぁどうせ私なんて!もういい!羨ましがったり、妬んだりあの頃は隣の芝生が青く見えていました。人生の折り返し地点に経ち今にしてやっと気づいたこと。私の人生に足りなかったこと。そして、これからの私に必要なこと。良い言葉、優しい言葉を声にだして使うこと。今まで良い言葉、優しい言葉を声にだしてこなかった。愚痴や不満悪い言葉ばかり声にだしてきた。自分は間違ってないという変な正義感、人や物、どうかしたら天気までもが悪者扱い。でもそんな自分がキライでした。どうしたらネガティブな自分から抜け出せるのか、どうしたら好きな自分になれるのか、ある時気づきました。それは言葉の力それは言霊(ことだま)言霊(ことだま)とは、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のことで、発した言葉どおりの結果を現す力があるとされていたと示されています。言葉に表すことで、言葉のもつ力がはたらいて現実に実現すると考えられていたのです。ネガティブだった頃の私は、悪い言葉ばかり声にだしていました。声にだしていた言葉が現実になっていたのでしょうね。私ってなんて不幸な人間なんだっていつも言っていたな…。こ・と・だ・まって、目に見えません。私たちの生活は目に見えないものの力に大きく影響されています。微生物だって同じ、目には見えません。目に見えないと人は信じないかもしれません。でも、今私たちの暮らしに役に立ち欠かせない電化製品の電磁波も目には見えませんけどね。何れにしても、悪い言葉を声にだすのはやめよう。良い言葉、優しい言葉に触れているほうが、人間だけでなく生きている植物だって物質だって嬉しい気持ちになっていいはずですよね。答えは見つからないかもしれません。だけど…。良い言葉、優しい言葉を声にだしてたくさん使おうと思いました。人前では照れくさくて恥ずかしいのなら、誰もいない一人の部屋で、独り言でもいいから、その日の一日の終わりにでもいいから、あらゆる感謝の気持ちを、心を込めて唱えてみる。ありがとううれしいたのしいしあわせ愛しているついている感謝します 人は、年齢を重ねいろいろな人生の局面に立たされながら、そこで何かを感じ学ぶことでしょう。良い言葉、優しい言葉を声にだして使えるようになるのは、それからなのかもしれません。

手放す ~幸せになるために~

看護師として働き始めて長い年月が経ちました。今、こうして振り返ってみる。衛生看護科という看護専門学校に入学したものの、実習という形ばかりのとらわれの身におかれ、意味を見いだせず。准看護師免許をとって、一先ず働こう…特に夢も希望もなく言われるがまま過ごした学生時代。社会人として、准看護師として病院で働き始める。理由がわからず怒られる日々…何か違うそれって何のため?何かを見つけるため、日中は病院で働き、夜は学校。働きながら医師会の看護学校へ通い、再び学び直すという選択をしました。私の人生で2番目くらいにキツイ3年間でした。この時、愛娘は小学生の低学年でした。正看護師になり、日勤夜勤などの2交代勤務の過酷な労働環境の中、ある日突然目の前が真っ暗になりました。夜勤明けの朝、人手の少ない一番慌ただしく緊張の時間。足が一歩も出ず動けなくなってしまったのです。人の命を扱う、間違いの許されない仕事。何をするために看護師をしているのかと考えさせられる2度目の事態が起きました。今までずっと自分のからだを酷使してきた。頑張って、頑張ってどんなに辛く厳しいことがあってもいくつもの壁を乗り越えてきた家族のため、そして愛娘のためだから、もうこの辺で自分のからだを大事にしてあげよう。そう思ったのが今から10年ちょっと前のことでした。現在は、アンチエイジング医学(予防医学)を取り入れたクリニックで「愛と真実」をお伝えできるように日々精進しながら楽しく忙しい日々を送っています。かなりの遠回りをしてここに辿り着いたことに気がつきました。私がやりたかったこと私がすべきこと そして、協力をしてくれた家族私の奥底にあった力を上手に引き出してくれた人生の先輩たちみんなの支えがあったから、今の私がいる。