夜明けの海、タラソテラピーの美肌効果

海で泳いだ後、シャワーを浴びなくても

ずっと肌がしっとりさらさらしているな、と気がついたのは

日本の有人最南端の島、沖縄の波照間島でした。

潮水に触れるのだから、肌が荒れると思っていたのに、

むしろきれいになるなんてどういうこと?

調べてみると秘密は海の美しさにありました。


海の療法タラソテラピー

タラソテラピー(海洋療法/Thalassotherapy)とは、ギリシャ語の「タラサ(thalasso)」=「海」と、フランス語の「セラピー(therapie)」=「療法」からなる造語であり、1867年にフランス人医師、ボナルディエールによって名付けられました。フランス医学アカデミーの定義では「海洋気候の作用の中で、海水、海藻、海泥を用いて行う治療」とされています。海洋性気候のもと、海水、海藻など、海の資源を用いて身体の内側から活性化させ機能を高めていく、医学的理論に裏付けられた自然療法であり、フランスを中心に古くからヨーロッパの人々に愛されています。


アトピーにも効く、海のミネラル

海水には、地球上に存在するほぼすべての元素が溶けているとも言われています。肌を整えてくれるのは、海洋性ミネラルが持つ浸透力の高さがポイントでした。海洋性ミネラルの浸透性の高さは、分子量の小ささが大きな働きをしています。分子量が小さいということは、それだけ肌の奥まで浸透するそう。そのため、肌の表面だけでなく、砂漠のようになってしまっている角質層にある細胞間脂質までしっかり水分を届けることができ、この細胞間脂質に潤いを与えることで、ミルフィーユ状に重なった肌細胞を整え、お肌の状態を安定させることができるのです。これにより、しっとりすべすべのお肌へと導いてくれます。


絶対に海には入らない、とアトピーの肌トラブルを抱えていた友人も、

南の海のあまりの美しさにおそるおそる足を浸しました。

その日の夜から素足がさらさらになり、翌日には全身を浸けて泳ぎ、

アトピーで荒れていた肌がみるみるうちに改善され始めました。


海の中の母、母の中の海

地球上のすべての生物は海を起源としています。海水は、胎内を満たす羊水の組成に似ており、その母なる海に包まれると私たちが不思議とリラックスするのはその名残と言われています。お母さんのお腹の中に生まれたいのちは、はじめは、まるで魚のような形をしているのだとか。生命の源である海は、私たちが失いがちな心身のバランスを整え、人間が本来持つ無限の力をゆっくりと引き出してくれるのです。

三好達治さんの詩『郷愁』の一節に『ー海よ、僕らの使う文字では、お前の中に母がいる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある』とうたわれるように、フランス語の母(mere)の中には海(mer)が含まれちます。日本でもヨーロッパでも、昔から人は自分がどこから来たのか知っていたのかもしれませんね。

海に入るときのコツ

たっぷりの海水に身を浸すと気がつきにくいことですが、

泳ぐ時、波に洗われる時、意外に汗をかいています。

たっぷりの水分をとって、海に入りましょう。

お気に入りの器にたっぷりのお茶を入れて、

おやつに果物を持って行くのも楽しいですね。

どんな海に入るのか。

もちろん、きれいな海に入ることが大前提!

沖縄まで行けなくても、同じくらい美しい海は日本各地にあります。

波照間島での経験をもとに、今年の夏の滞在先の鳥取では

週に3回、夜明け前の海で泳ぎました。

山陰ジオパークと名付けられた海岸線は、

景観が似ていることから「山陰の松島」とも呼ばれていて、

波で削られた奇岩が連なる雄大な海岸が続きます。

中でも岩美、浦富海岸の海は沖縄と同じ透明度の美しさ。

冷たいかな?と思っても夏の朝の海は、とろりと穏やかで温かく感じます。

夜明け前の清らかな海に浮かび、心と体にたっぷりと栄養を補給します。

7〜8時頃になると日が昇って海は光がきれいになりますが、日焼けを避けるべく退散。

海に洗われ、水分を摂り、体液が浄化されることで腸の働きも活発になります。

さらさらしっとりの肌で一日が始めましょう。





ライター:井口和泉 izumi iguchi

旅する料理家 

フランス、福岡、東京で料理とお菓子を学ぶ。庭で育てる野菜やハーブ、野草、 果物を使った四季折々の保存食 & 発酵食作りの美しさに憧れるファン多数。 旅を通して「風土と食卓」をむすぶレシピ作り、ワークショップや教室、料 理会、メディアや企業へのレシピ作成&監修、商品開発のアドバイス、旅と 食にまつわるエッセイの執筆など「美味しい」を伝える伝道者として、ワー クショップ「発酵の三、五、七日間」は各地で大好評。著書:「料理家ハンターガール奮戦記 ジビエの美味しさを知らないあなたへ 」。(社)日本腸美人コンシェルジュ協会講師。L'Ecume des Jours 代表。



暮らしの発酵de腸美人 編集部

暮らしの発酵de腸美人 編集部です。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000