心と腸 ~こころの健康は腸が導いている~


アンチエイジング医療を行っているクリニックで

看護師として勤務している野田裕子です。

実は、看護師歴は長~く、うん十年になります。


「生と死」という感動と悲しみの両極化する臨床の場に立ちながら、

あらゆる経験を重ねて、たくさんの方々から多くの事を学ばせて頂きました。


人はなぜ病気をするのか…


悲しい最期をみとどけるほど辛いことはありませんでした…




クリニックの院長は、元気で長生きする人生を全うするためには、

何をどの様にしたらよいのか? を研究する

アンチエイジング医学(予防医学)の世界に足を踏み入れました。


院長の精神をモットーにアンチエイジングを目指す看護師としての業を全うしていこう!

と思いました。


看護師は看護学生時に、

戴帽式(看護師としての責任の重さを自覚するための儀式)で

『ナイチンゲール誓詞』を誓います。


この『ナイチンゲール誓詞』の中に、


病める人々の看護に誠の心を尽くすこと、
毒あるものを断ち悪しき薬は用いない、
我は医師を心より助ける


などの内容が込められています。


とうの昔、

看護師になるために誓ったナイチンゲール誓詞。

忘れてはならないこの誓いを胸に、

一人でも多くの悩める方々へ

「真実と愛」をお伝えする。

今の私の使命であり、

この思いが届きますよう節に願っています。


人と人との関わり(距離)が最も近い職業の看護師。

人の命を扱い、失敗の許されない仕事。

肉体的、精神的、社会的に健やかでないと続けられない職業です。

人に優しく、いつも笑顔、時に厳しく、愛と鞭の精神で接する。

これって…

本当に大変なことなのです。


仕事と家庭の両立。

自身や家族の心配事や不安があって…メソメソ、イライラ

おまけに体調が悪いって時には、人に優しく、笑顔!なんて出来なくなりますよね。

看護師だって人間!

ナイチンゲール誓詞は誓ったけれど…

真実と愛をお伝えせねばの想いはいずこへ?


健康とは、人間が穏やかで調和のとれた状態だと思います。

その健康を作り上げるもの。

毎日私たちが口にする食べ物。

人のからだは食べたものからつくられています。

今のからだは過去に食べたものからつくられています。

私たちの健康は日頃の食生活によって成り立っています。

また、数多くの微生物が影響しています。



心と腸…


実は腸の中の細菌も微生物なのです。

腸の中の環境が整うと腸内細菌の善玉菌が、

セロトニンやドーパミンなどの幸せ物質のもとを作り始めます。

幸せ物質のもとがたくさんつくられていれば、

人のこころはポジティブに明るく幸せに感じることができます。

反対に少ないと、人のこころはネガティブになり暗くなってしまいます。

腸内細菌の好きな食べ物が腸の中に入ってくると善玉菌は増え、

嫌いな食べ物が入ってくると悪玉菌が増え

腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。

腸内細菌のバランスは入ってくる食べ物によってガラッと変わってしまうのです。


メソメソ、イライラの原因は…

なんと!腸内細菌バランスの悪化だったのです!

そうかこれが原因だったのか…と、振り返ってみる。

なんだか納得…


幸せに感じるか不幸に感じるかは腸で決まっていたのです!

こころの健康も「腸」が導きだしてくれていたのです。

腸内細菌の微生物たちは毎日休みなく一生懸命働いて、私たちの健康を見守ってくれていたのですね!

ありがとう💛


blogger:野田裕子 Yuko Noda

看護師

日本抗加齢医学会認定医療施設で看護師として勤務。仕事と育児を両立させ、医療の現場で休む間もなく働いてきたが、人生にはゆとりと安らぎが必要だと痛感。これまでに得た知識と経験をもとに、腸を健康にして人生を楽しく過ごすための方法を見つけて伝えていきたいと思っている。抗加齢医学会認定指導士、オーソモレキュラー・ニュートリッション・プロフェッショナル、ケトジェニックダイエットアドバイザー、サプリメントアドバイザー、腸美人コンシェルジュ・プロ。 こうやクリニック

Yuko

看護師。仕事と育児の両立を成し遂げ、医療の現場で休む間もなく働いてきたが、自身の体調不良から、人生にはゆとりと安らぎが必要だと痛感。人生を楽しく幸せに過ごすための手だてを見つけて伝えていきたいと願う。
抗加齢医学会認定指導士、認定ONP、ケトジェニックダイエットアドバイザー、サプリメントアドバイザー、腸美人コンシェルジュ・プロhttp://www.antiaging-fukuoka.com/

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000