発酵と祈り:11月23日は 神々に五穀の収穫を祝う日(新嘗祭・御火焚祭・勤労感謝の日)

11月23日は、祝日

勤労感謝の日だと思ってたら、全然ちがってました・・・

その歴史は、なんと飛鳥時代から

古くから神々に五穀の収穫を祝う風習が

農業国家である日本にあったそう。


今年の収穫物が来年一年を養う

大切な蓄えとなることから

収穫物に感謝する大事な行事として

飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まったのが

新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)です。


しかし、

第二次世界大戦後の政策によって

天皇行事・国事行為から切り離される形になり

「勤労感謝の日」という表現になったそうです。


ということは!!

今日は、神々に五穀の収穫のお祝い。

感謝して美味しいものを食べようということですね!

わーい(←美味しいもの食べていいという理由がつくれて嬉しい)


そういえば、、暮らしの発酵de腸美人・編集部のある京都では

あちらこちらの神社で「火焚祭」が行われているなぁ。

あ、近くの小さな神社にも張り紙されていたような・・・

気づかないこと多いなぁ、、


御火焚祭と、五穀の収穫を祝う風習は

繋がっていそうです!

調べてみるの楽しそう。ワクワク



〜幸せのことば〜

神社には、日本の素晴らしい習わしの行事が伝えられています

だけど、小さくて気づかないくらいの表現でしか

残ってないことが多くなりました。

自分が暮らしてる近くの小さな神社を大切にすることが

大事だと言われています。

身近な神社のことを、氏神(うじがみ)といいます。

同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神のこと。

身近な場所を大切にすると、自分に返ってくるそうです。

もし、近くの神社では、古来の習わしが行われてなかったら

その神社を守る、氏子は、わたしたちのこと。

自分たちで、古来の習わしを復活させたりしていくのも楽しいものです。

大人も子供もいっしょにワイワイ〜



写真:貴船神社



akaza eri

クリエイティブディレクター
「コンセプト、空間、グラフィック、器、料理まで」トータルデザインするプロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て自然とつながる暮らしに没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000