断食=ファスティングで、腸をキレイに


ライダーの小室さんの、病気完治ストーリー

完結版が、公開されました!

一番最初のストーリーを

小室さんに書いていただけたこと

編集部メンバー一同、感動しています。

必要な方に、メッセージが届きますように。


〜小室政成さんよりメッセージ〜


20歳での発症から12年もの間

オーバートレーニング症候群は僕を苦しめ

スポーツ選手として最も輝けるはずだった20代は

残念なことにずっと病気との闘いの日々でした。

選手として伸び盛りだった尊い時間は

完全に失うことになってしまい

「なんで俺なんだよ!?」と苦しんだ時期もありましたが

逆にそのおかげで経験することができ

たどり着くことのできた世界がありました。

10月18日からスタートした、発症から復活までの

プロセスを綴ったブログ記事もこれでひとまず終了です。

楽しみに読んでいただいた方々もいらっしゃったようで

たまに会ったりした際に「ブログ読んでるよ~」

などとお声掛けいただくと

頑張って書いた甲斐があったのかなぁ…

と、嬉しくなったりしました。

経験は疑いようのない個人の宝物

ものすごい遠回りをしながらたどり着くことのできた

一つの答えが「引き算」であり「和食」であり

「本物の発酵食品」なのでした。

微生物の織りなす世界は、腸内にせよ土中にせよ

本当に摩訶不思議な世界で、医療も食も農業も

これからは微生物がより注目される世の中になるのは

おそらく間違いないでしょう。

最終回も読んでいただけたら幸いです。


コラムはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腸内環境改善・病気治療ストーリー004小室雅成



小室雅成 masanari komuro 

ロードレーサー/ライター

中学生の時にテレビで見た「ツール・ド・フランス」に憧れ、高校生でアルバイトをして中古のロードレーサーを手に入れ自転車競技をスタート。本場フランスの大会で優勝をするが、選手特有の病気のため引退を余儀なくされる。しかし、自転車への想いは消えず、腸内環境を改善し復帰!現役最高年齢選手として、いぶし銀の走りは多くのファンを魅了し続けている。病気だった時に得た「醗酵」の素晴しさをスポーツ界や、アスリート達に広めるべく活動。


#オーバートレーニング、#慢性疲労症候群、#アドレナルファティーグ、#断食、#酵素、#発酵、#311、#原発、#放射能汚染

akaza eri

クリエイティブディレクター
「コンセプト、空間、グラフィック、器、料理まで」トータルデザインするプロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て自然とつながる暮らしに没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000