魔女の薬草酒 ウドの実 オーガニック庭・自家採種・シードバンク

庭にとっても可愛い まんまる の実が 熟していました

えーと あなたは、どなただったかしら?


まあ!新入りさんね!

はじめての お姿をみると トキメクのです

どんな形をしていらっしゃるのか うっとり 見つめて観察するのが大好きな楽しみ。



種を蒔く時も

苗を植える時も

植物の表札を立てることはほとんどしない。


えーっと、

明日葉さんを植えたところだったわよね

そういえば、ウドさんも植えて春に食べたわねぇ


調べてみると、ウドさんの実!


まあ、可愛いわねぇ。

あなた、ウドの実さんなのね。


初めてさんだから、薬草酒にしてみようから。

種も採取してみましょ。

でも、もうしこし待って

生気あふれるように完熟させてから採取することに。

それから、2週間くらい経ちました。


鳥さんが美味しそーうに食べていらっしやいました。

あら、半分くらい鳥さん食べられたのね

では、残りをいただくことにしましょう。


わたしも食べてみよーと。

鳥さんが食べていらっしゃるので

食べたことない実は、食べてみることにしています。

甘くなくすこし苦くて、、美味しいとは言えないわね。

滋養あふれる感じ。

鳥さんの好みの味覚って、面白いわ。

それで、

えーと。


種は、、どこ?

一粒の実に、大きな種が1つ入ってると想像してたら

違っていました。

種に気づかず食べてしまってました。

でも、種は、あるはずよ。

もう一つ、口に入れて、繊細に種を舌で探すと

小さな種が数粒ありました。

これね!

自家採種ちょっと大変だわ。

トマトのように採取する方法ね。

でも、木の仲間のようだから、乾燥させてはいけないみたい。


茶の種さんと 同じところに

植えておいて、春待ちさんたちのコーナーをつくるとしましょう!





・・・


以下、メモ。


ウドは、ウコギ科に属する多年草。

果実の作りがヤツデやコシアブラにそっくり。

花が咲いた位置に、そのまま実が付く。

散形花序=花軸の先端から、ほぼ同長の花柄が放射状に伸びた花序

ウドの種子は、実の果肉の中。

果肉の中に、種子を発芽させない物質が入っているので

鳥さんがウドの実を食べて、

糞と一緒に排泄すると発芽します。


実が親株のそばに落ちた時は発芽しないで

鳥が食べて他所で排泄すると発芽する

遠いところへ運んでくれます。

傍で発芽すると過密になって日当りが阻害されますから。

離れた場所で大きく育てば

たくさんの果実が実り同種の繁栄に繋がります。

種子で増やすには、水で果肉を洗い流してから種を蒔きます。

採取した実を乾燥させると発芽しなくなるので

湿り気のある土と混合して保管します。

ウコギ科さんは、草でなく木なのね。


ウドは、古くから薬用として用いられてきました。

日本をはじめ、中国東北部や朝鮮半島などに野生。

日本原産では、数少ない野菜の一つで、

ウドを食用としているのは日本のみとなっています。

延喜式や本草和名といった古書では、

独活(ウド)や宇都、宇土として記載されています。

江戸時代の農業書には、ウドの名称もあちこちに散見され、

一般に普及していたものと考えられています。

また、促成軟化栽培の方法も記されています。

野生の独活は風味が良く高い香りを持っていいます。


科名:ウコギ科/属名:タラノキ属

和名:独活/土当帰/学名:Aralia cordata

日本全土の山野に普通に見られる多年草。食用として栽培

日本、朝鮮半島、中国大陸に分布


ーーー

以下、漢方メモ。

神農さんに、お目にかかりに行きたいなぁ。

孔子廟・昌平坂学問所・神農廟。

神農:三皇五帝のひと。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂 »に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。

湯島聖堂は、元禄時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられた本来は孔子廟です。東京都文京区湯島一丁目、JR中央線の御茶ノ水駅聖橋口からでて、聖橋を渡り右手の森の中にあり、「日本の学校教育発祥の地」の掲示があります。

akaza eri

クリエイティブディレクター
「コンセプト、空間、グラフィック、器、料理まで」トータルデザインするプロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て自然とつながる暮らしに没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000