はじめまして、絵本にゾッコン「こまち」です


はじめまして、「こまち」と申します。

「大人が読んでも心に響く素敵な児童書」

が大好きで、これまで読んだ本は2000冊以上

その中から

季節にぴったりの、とっておきの1冊をご紹介していきます。

まずは、冬の初め、今の季節にピッタリの絵本をご紹介しますね。



「ふゆねこ」 

かんのゆうこ(作) こみねゆら(絵)


グレイッシュなトーンの絵柄。ちょっと神秘的な猫。一目見て気になった絵本です。



表紙をめくると、こんな見返しが…。毛糸玉と繊細な編み物の模様がきれい。

でも、お話しの最初のページは悲しい場面から始まります。やはり全体のトーンはグレイッシュ。

ちさとちゃんという小さな女の子が主人公です。

お母さんを亡くしてしまったちさと。悲しい日々が続くのですが、ある出会いがきっかけで、変わっていきます。


ももいろのマフラーを巻いたまっ白な猫が、ちさとの家をたずねてきたのです。

ちさとちゃんのお母さんに頼まれて、やってきたという猫の名前は「ふゆねこ」


それからのお話しは、沈んでいたちさとの心をほんわりと持ち上げてくれる、そんな展開になっていきます。

まっ白な猫「ふゆねこ」と「ちさとちゃん」の交流が素敵なんです。

そして、最後には奇跡のような不思議な出来事も待っています!

冬の夜空に美しい星が光るような、ちょっと幻想的で夢のようなお話。

しっとりと心が温まる絵本です。



---しあわせのことば---

「思いは届く」

この絵本を読んで思った、しあわせのことばです。


こまち

「児童書」選びの達人「こまち」
一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、児童書の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな児童書の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000