初めてのお手伝いにワクワク! 読んでドキドキ♡ハラハラ・イギリスの児童書:はじめてのおてつだい

岩波書店「せかいのどうわシリーズ」の中の1冊をご紹介


「はじめてのおてつだい」 

作:ジャネット・マクネイル


本には二つのお話しが載っています。

一つめは…。


「メアリーとかさの木よう日」 

さし絵:キャロライン・ダイナン


木曜日には、エミリー大おばさんの家で夕ご飯を食べるメアリー。

ところが、ある木曜日、大おばさんは風邪をひいてしまい、

用事が出来なくなっていたのです。


大おばさんのために、おかいものに出かける小さな女の子メアリー。

はりきってはみたものの、雨が降り出してきます。



大おばさんがメアリーに持たせてくれた「かさ」


この「かさ」


ちょっと変わっているんです。



メアリーと「あひるの頭の柄がついた変なかさ」の珍道中が、楽しい。

ちょっと不思議でゆかいなお話しです。



二つめのお話しは…。


「ちいさいおてつだいさん」

さし絵:ジェイン・ペイトン


毎日つまらないことで口げんかしている「おとなりさん」のハンブルおじいさんとハンブルおばあさん。

彼らの事が、なぜか気になる少女マッジが主人公です。




あるテレビ番組がきっかけで、世の中のために働きたいと思ったマッジ。


まずは、この気になるお年寄り夫婦のために、

何かお手伝いしたいと、隣のドアをたたくのです。



急に押しかけて、お手伝いしたいというマッジ。

ちょっと気難しそうなおばあさん。


お年寄りと少女の交流を描いた物語は、読んでいてちょっとドキドキ!

お手伝いしたいという気持ちが空回りして、失敗してしまうマッジなんです。


どうなるのかなあ~、と読み進めていく手が止まりません。

最後には、あたたかい気持ちで読み終えることができました。


ふたつのお話しを書いたのは、イギリスの作家ジャネット・マクネイル。

さし絵はそれぞれ違う人が描いていて、物語の雰囲気にぴったりです。




------ 『しあわせのことば』------  ハンブルおばあさんのセリフから…。


いい物も、使わないで置いとくんじゃ、持ってても何にもなりませんよ。

使って、楽しまなけりゃ、ね。



こまち

「児童書」選びの達人「こまち」
一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、児童書の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな児童書の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000