必要なこと ~幸せになるために~

今までの私の人生

ちょっとだけ残念な人生でした。

小さい頃はとても元気だったのに、

成長し感受性高い年頃になるにつれ、段々と生きていくのに辛くなっていく。

早く年老いて、この世の中が終わってしまわないかな、なんて思った時期がありました。

良かれと思ってやっても空回り。

何をやっても上手くいかず、

なんて不幸な人生なのだろうと、

いつも幸せになりたいと心の中で思っていた。

なぜあの人たちは幸せなの?

いいなぁ、いいなぁ

どうせ私なんて!

もういい!

羨ましがったり、妬んだり

あの頃は隣の芝生が青く見えていました。



人生の折り返し地点に経ち

今にしてやっと気づいたこと。


私の人生に足りなかったこと。

そして、これからの私に必要なこと。

良い言葉、優しい言葉を声にだして使うこと。


今まで良い言葉、優しい言葉を声にだしてこなかった。

愚痴や不満

悪い言葉ばかり声にだしてきた。

自分は間違ってないという変な正義感、

人や物、どうかしたら天気までもが悪者扱い。

でもそんな自分がキライでした。

どうしたらネガティブな自分から抜け出せるのか、

どうしたら好きな自分になれるのか、

ある時気づきました。


それは言葉の力
それは言霊(ことだま)


言霊(ことだま)とは、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力

のことで、発した言葉どおりの結果を現す力があるとされていたと示されています。

言葉に表すことで、言葉のもつ力がはたらいて現実に実現すると考えられていたのです。

ネガティブだった頃の私は、悪い言葉ばかり声にだしていました。

声にだしていた言葉が現実になっていたのでしょうね。

私ってなんて不幸な人間なんだっていつも言っていたな…。


こ・と・だ・まって、目に見えません。


私たちの生活は目に見えないものの力に大きく影響されています。

微生物だって同じ、目には見えません。

目に見えないと人は信じないかもしれません。

でも、今私たちの暮らしに役に立ち欠かせない電化製品の

電磁波も目には見えませんけどね。

何れにしても、悪い言葉を声にだすのはやめよう。

良い言葉、優しい言葉に触れているほうが、人間だけでなく

生きている植物だって物質だって嬉しい気持ちになっていいはずですよね。


答えは見つからないかもしれません。

だけど…。

良い言葉、優しい言葉を声にだしてたくさん使おうと思いました。

人前では照れくさくて恥ずかしいのなら、

誰もいない一人の部屋で、

独り言でもいいから、

その日の一日の終わりにでもいいから、

あらゆる感謝の気持ちを、

心を込めて唱えてみる。



ありがとう

うれしい

たのしい

しあわせ
愛している
ついている
感謝します

 

人は、年齢を重ねいろいろな人生の局面に立たされながら、そこで何かを感じ

学ぶことでしょう。

良い言葉、優しい言葉を声にだして使えるようになるのは、

それからなのかもしれません。


幸せになる言葉を使う


今の私に必要なこと。

幸せになる言葉を使うこと。

良い言葉、優しい言葉を声にだして、心を込めて使うこと。

自分と皆が幸せになるために。

そう、自分を信じて…。


きっと

マザーテレサも思うでしょう

やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする…と


~しあわせな言葉~

幸せに思う気持ちは自分自身にある

他人には自分の幸せは定義されないから

努力と感謝で幸せになれる



Yuko

看護師。仕事と育児の両立を成し遂げ、医療の現場で休む間もなく働いてきたが、自身の体調不良から、人生にはゆとりと安らぎが必要だと痛感。人生を楽しく幸せに過ごすための手だてを見つけて伝えていきたいと願う。
抗加齢医学会認定指導士、認定ONP、ケトジェニックダイエットアドバイザー、サプリメントアドバイザー、腸美人コンシェルジュ・プロhttp://www.antiaging-fukuoka.com/

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000