≪感じること、大切にしていますか?≫~ローフードDE腸美人~

自分と向き合って、感じる、1週間を過ごしてね


田中さゆりさんの、この言葉で始まったバリ島でのローフード・リトリート


ローフード、という言葉を知ってすぐに、田中さゆりさんという女性を知りました。

その後、2015年の夏に大阪と京都で開かれたさゆりさんのWSに参加して、一目で惚れて・・

思わず、さゆりさんに伝えました。

娘と一緒に、バリへ会いに行きます!


それから、新月毎にお願いしてきました。

そして・・

1年半後の2017年の2月、叶いました


娘と、さゆりさんに会ってきました。

バリの地に立っている姿をいつも、心に描くことで、バリへ行けるように行動してきたのでしょうね。

ローフードが私のハートを開いてくれて、導いてくれて、繋いでくれました。

1番大切なのは、導いてくれていることに、気づくこと


ローフード中心の食事になって、それらに気づきやすくなっていると、私は感じています。

植物の生きたエネルギーを多く取り入れる食事であるローフードは、自分自身のセンターに触れる手助けをしてくれるとも言われています


けれど、日本では、いつも何かを考えながら目の前の事をこなす日々。
ピン!と来ても次の瞬間、『でも・・』が頭を埋め尽くしてしまって

感じたことを、瞬時に、分厚い毛布で覆い隠していました。

娘と2人でバリに行くことも、周りから反対の声もあって、一瞬、『行きたいけれど、でも・・』に押し潰されそうになりましたが、今回は次の瞬間には、もう『行く』イメージしか沸いてこなくて。

バリで何がしたい、何処へ行きたい、よりも、

私に、食べる歓びと楽しさと生き生きとした表情を取り戻してくれた、ローフードを伝えているさゆりさんに会いたい


ただ、それだけでした


バリ島での10日間は、ローフード、ヨガを通して、今、目の前の事に集中して、そしてそれらをどう感じているか・・を常に意識しながら過ごしていました。

バリ島は、そういうことが出来やすい場所だと、思いました。

同時に、ハートを開いてくれる場所


さゆりさんに会いたくて、集まった6名
(+、私の娘)

初めまして、なのに。

1週間、朝から夜までずっと、一緒に過ごしていました。
それが、私はとても心地好くて。

感じたことをシェアしている時、気持ちが込み上げてきて、溢れて、涙が止まらないことも・・

そして、何度ハグしたでしょう・・

さゆりさんと、植物のエネルギーをそのままの形で頂くローフードという食事、そこにバリ島の空気が合わさって、私たちのハートを開いてくれた1週間でした


私の人生で、1番濃い日々でもありました



次回も、バリ島で聞いて、感じたことを綴りたいと思います。

ローフード・メッセージ
~意識をして食事をすることで、自分自身との繋がりや他人との繋がり、周りの環境と自分との関係について見つめ直し、“食”を通じて色々なことを学ぶきっかけを与えられることでしょう~
リトリートオーガナイザー/ シェフ&ローフード講師 田中さゆり著書『Sayuri's Raw Food Cafe』より
Tacaco

ローフードマイスター。
ローフードが好きで、好きで、好きで。
365日考えているのは娘の事とローフード。
瑞瑞しい植物のエネルギーを新鮮な状態で頂く食べ方はいつも私をポジティブにハッピーに導いてくれます。
私の出逢うべく世界をも変えてくれたローフードの無限に広がる世界を私の言葉と写真を通して少しでも感じて頂けると嬉しいです。
そして誰かの何かのヒントになれたら幸せです。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000