虫たちの声 《生きものの命》

虫たちの悲鳴が聞こえませんか? 

叫び声をあげ、逃げ惑い、のたうちまわり、死んでいく姿が見えませんか?


 田んぼや畑、その周辺には様々な生きものがいます。

 カエル、バッタ、トンボ、セミ、ドジョウ、ザリガニ、トカゲ、ヘビ、スズメ、チョウ、ハチ、クモ・・・。 


たくさんの生きものがいる田んぼで、私たちは主食である米を作っています。 

畑では、おかずになる野菜を育てています。

 田んぼから流れる川、湖、海では、魚が獲れます。 

小さな生きものを食べている大きな生きものを私たちは家畜として飼い、

 乳を飲んだり、肉を食べたりしています。 


 「食べる」ということは、生きものの命をいただく、ということです。  


どうか、生きものの命を粗末にしないでください。 

生きものの命を粗末にすることは、私たち自身の命を粗末にすることです。


 虫たちの声に耳を澄ましてください。


 「同じ仲間じゃないか」 

「どうしていじめるの?」 

「まだ死にたくないよ!」 


 私には、そんな声が聞こえてきます・・・。




「植木屋タケさんのぶろぐ」2013年7月27日投稿より

植木屋タケさん

自然に恵まれた幸せな幼少期を過ごしていたが、ある日、鉄棒から落ちて脳天を打つ。以来、少々オカシクなり、「一風変わったヒト」の道を歩み続ける。2001年、高島市へ移住。2013年11月「オーガニック給食推進プロジェクト」始動。2015年3月「ミツバチまもり隊」を設立。農薬使用の減少を目指して忙しくブンブン飛び回り、最近では「植木屋タケさん」ではなく「みつばちタケちゃん」と呼ばることが多い。

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000