見上げてみよう、空を。 〜Juri〜

はじめまして、旅するフォトグラファーJuriです。

突然ですが、あなたは今日、空を見上げましたか?

あなたが見上げた空は、どんな色をしていましたか?

あなたは空を見上げて、どんな思いを抱きましたか?

田舎暮らしをしていると、どこにいても空を見ることができます。

私の暮らす町には、空を遮るようなビルも、地下鉄も地下駐車場もありません。

田舎では、生活のほとんどが地上で営まれていて、いつだって空を身近に感じながら暮らすことができるのです。


四季折々に異なる表情を見せる空は、毎日見ていても飽きることはありません。

春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の空があって、同じ場所、同じ時間であっても、もう二度と同じ空には出逢えない。今日、この瞬間の空を、再び見ることはできないのです。

たった一度、ほんの一瞬、自然がくれる特別な贈り物。

一日の終わり。

さぁ、見上げてみよう、空を。

そして、暮れゆく空にありがとうと呟いてみよう。

明日も素敵に生きるため。

Juri

旅するフォトグラファー:高知ときどき日本のどこか
「何気ない日常の中に、キラリと光る一瞬がある。ファインダー越しに見えるその光を、大切に残してゆきたい。」そんな想いを胸に、田舎暮らしを楽しんでいます。
http://lifewithphoto.wixsite.com/juri

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000