アゲハチョウの奇跡。はじめまして「楽趣みくす」です

初めまして。「楽趣みくす」と申します。

私は2017年、前がん病変と分かり、「死」を身近に感じました。

しかし生き延びて2018年を迎えています。


現在、ライターや編集、音楽活動など無理なく愉しく活動中です。

好きな事は読書やドラマ、動物や自然、潜在意識などたくさんあって数えきれません。そんな私ですがどうぞよろしくお願いいたします。

そんな私が初めてのコラムでお伝えするのは、「アゲハチョウ」です。


キレイですよね、アゲハチョウ

みなさんは、アゲハチョウを知っていますか?

春~夏、またこの時期でも飛んでいる美しいチョウです。

このアゲハチョウの幼虫は、葉っぱ等を食べて育ちます。

青虫の状態でもぐもぐと葉っぱを食べて、一生懸命育つのです。



でも、敵や危険も多い

ハエやハチに寄生されれば、サナギになっても死んでしまいます。

羽化してチョウになるときも、失敗すれば早くに死んでしまいます。

ハエやハチは人間が飼うことである程度防げるでしょう。

しかし羽化というチョウ自身の行動は、見守るしかありません。

頑張ってさなぎになったのに、羽化するとき羽が広げられず固まってしまうなど何かが起これば、早くに寿命を全うしてしまうのです。でもやっぱり見守ることしかできません。

そんなアゲハチョウの幼虫たちは、前述した通り、葉っぱを食べて育ちます。

小さなカラダを一生懸命動かして、もぐもぐと葉っぱを食べるのです。

その様子はとても愛らしく、時間が経つのを忘れて見入ってしまうほど。

あれだけ美しいアゲハチョウ。

とても美しいアゲハチョウ。

でもアゲハチョウとして飛び立つまでに、とてもたくさんの苦労があるのです。


無事にアゲハチョウとして飛べる奇跡

暖かい時期に見かけるアゲハチョウ。

私はこれまで何も思わずただ「キレイだなー」と思って眺めていました。

けれどその裏には、多くの苦労があったのです。

前述したとおり、無事にアゲハチョウとして飛び立てる個体の数は少ないのですね。

言ってしまえば「何とはなしにこれまで見ていたアゲハチョウは、無事羽化できた奇跡の存在」だったのです。


こうして考えると、自然は厳しいなあと思います。

でもそれが自然なんですよね…。


もしアゲハチョウを見かけたら、無事サナギになれたことや羽化できたことを喜んでみてください。あなたが目にしたアゲハチョウは、たくさんの苦労を乗り越えた、奇跡なのですから。

楽趣みくす

2017年、前がん病変と分かり「死」を身近に感じるも、生き延びて2018年を迎えました。現在、ライターや編集、音楽活動など無理なく愉しく活動中です。好きな事は読書やドラマ、動物や自然、潜在意識などたくさん。毎日を大切に丁寧に愉しみながら生きています。
ブログ:https://lakshmix.xyz

▼▼よろしければシェアお願いします▼▼

▼▼よろしければフォローお願いします▼▼

うつくしき BLOG

運営:一般社団法人日本腸美人協会

0コメント

  • 1000 / 1000